正しい泡のすすぎ方

ヘアスタイリングを決めるために、毎日洗髪する人は多いのではないでしょうか。
スタイリングの際には、髪にワックスやムース・オイルをつける人もいるでしょう。
髪を洗う時には、事前に良くブラッシングして髪の汚れを落としておきましょう。
髪がもつれていると、髪の毛を痛める原因になりますので注意が必要です。
ブラシは豚毛など、地肌を痛めないものを使うといいでしょう。
髪を洗う時の湯の温度にも気をつけます。
温度は38℃から40度くらいの熱く感じない程度の湯温にします。
湯の温度が高いと、地肌や髪の油脂をとりすぎ乾燥することで、フケやかゆみの原因になりますので注意します。
髪に洗浄剤をつける前に、髪を良く濡らします。
表面だけでなく中まで濡れるように、時間をかけて髪を湿らせます。
適量の洗浄剤を掌に取り、少量の湯でよく泡立てます。
洗浄剤を頭にのせたら、爪を立てないように指の腹を使って良く洗います。
地肌を中心に洗うことで、毛の汚れも落ちていきます。
汚れがひどい場合には、二度洗いします。
すすぎ方は、指を使って念入りにすすぎます。
中まですすぐことができるように、時間をかけてすすぐことが大切です。
洗浄剤が残ると、フケやかゆみの原因になりますので、十分に洗い流しましょう。