シャンプー剤のつけ方

髪の毛を洗う時、シャンプーの原液をそのまま付けて洗うよりも、しっかりと泡立てる付け方の方が、汚れがスッキリと落ちるでしょう。顔を洗う時と同じで、たっぷりの泡を頭皮に付け、マッサージするように洗っていきます。頭皮と顔は同じ皮膚1枚で繋がっていることを考えると、このような洗い方も納得できるのではないでしょうか。
頭皮に優しいアミノ酸系のものですと、なかなか十分に泡立たないことが多いでしょう。そのような場合は、使っていない洗顔ネットを使って泡立てると、十分に泡立てることができます。
頭皮の中でも、頭頂部や、寝ている時に常に枕に接している後頭部に皮脂の分泌が多いですので、そこの部分にたっぷりの泡を付けて、特に念入りに洗うといいでしょう。
また、この洗い方の一番の利点は、洗髪時の抜け毛を大きく減らすことができることです。原液をそのまま頭皮に付ける付け方ですと、毛穴が詰まってしまい、抜け毛の原因になってしまいます。しっかり泡立てることで、毛穴に詰まる心配もなくなりますし、毛穴の汚れも隅々まで取り去ってくれるでしょう。
このような洗い方ですと、多少の手間と時間がかかります。お風呂にゆったりと時間をかけることができるようになると、髪や頭皮によりよい効果をもたらすことができるのではないでしょうか。