ヘアトリートメント、リンス、コンディショナーの違い

この3種類はどれも同じようなものなのでは、と思われがちですが、もちろんそれぞれ特徴があります。 リンスとは、洗った後のゴワゴワしている髪の毛を、油分でカバーしてつるつるの手触りにするものです。髪の表面にしか作用せず、内部まで成分が浸透することはありません。 コンディショナーには、より髪の表面をつるつるの手触りにする効果があり、同時に髪の毛にコシを与えるので、最近では主流になってきています。ですが髪の内部には浸透しません。 ヘアトリートメントはというと、髪の表面だけでなく、内部にまで美容成分が浸透するものをいいます。なのでパーマやヘアカラーでダメージを受けてしまった髪に効果的です。pet03_l

内部に浸透するかどうかで、効果的な使い方も変わります。 コンディショナーなどは髪に馴染ませてから浸透させる必要がないので、置いておく必要はありません。 そして油分が頭皮に残らないように毛先につけるようにして、しっかり洗い流すと良いです。 トリートメントは髪に馴染ませたあと成分を浸透させるために長めに置いておく方が効果的です。

併用して使いたい時には、最後にコンディショナーを使うようにしましょう。髪の内部に栄養成分を浸透させてから表面を保護することで、よりキレイな髪に近づきます。