ヘアケア用品のつけ方 

髪を洗った後のトリートメント、どのような付け方をするといいのでしょうか。ただ漠然とつけるのではなく、コツをつかんで使えば、効果は何倍にもアップします。まず髪を洗った後、軽くタオルドライをします。これは、次につけるトリートメントの油分をはじかないためです。その後トリートメントを適量出して、髪の内側から馴染ませるようにつけて行きます。髪が短い場合は、つまんだり、握ったりするような感じでつけるといいでしょう。その後しばらく時間を置いて、トリートメント成分を髪に浸透させます。シャワーキャップをかぶったり、さらに蒸しタオルを巻いたりするとさらに浸透がよくなります。
くれぐれも水滴が垂れるような髪に付けないようにしてください。また頭皮につけるのもよくありません。せっかく洗ってきれいになった毛穴が、油分でふさがれてしまうからです。また、付ける時髪をこするのもよくありません。濡れた髪は刺激に弱く、毛表皮、いわゆるキューティクルがはがれるもとになってしまいます。それから毛先に枝毛などのダメージがある場合には、根元にではなく、毛先の方に重点的につけるようにしましょう。付け方をきちんと守って、あなたのヘアケアをより充実したものにしてください。